スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

蔵見学

2012年03月16日

先日、香音でメインの地酒として扱っている 長龍酒造さんの広陵蔵へ見学に行きました。



夢へのとびら

イメージ通りの

昔ながらの杜氏さんを中心に蔵人さんが 技術と経験を生かし、手作業で作るお酒


そして驚いたのが、

最新の技術で、コンピューター管理されたシステムを開発され 最新鋭の技術で作るお酒があったということ


伝統はそのまま大切に また新たな試みをされている酒蔵さんです


今回は、いつもお世話になっている営業の方に マンツーマンで お酒が出来るまでの工程を説明頂き


非常に勉強になりました


酒造適合米のお米作りにかける農家の方のたえまない努力

洗米から、酵母や仕込み水など発酵させる中で、時には夜中も、二時間おきに混ぜないといけないなど

最後 お酒となるまで、ものすごい段階の、手間暇と時間がかかっており、当店で扱う ビンテージ純米などは

30か月以上の瓶熟成のため、飲めるまでの工程を考えると、ほんとにすごい時間もかかっている

繊細な商品なんだと改めて 感じることが出来ました。



夢へのとびら

今回は許可を頂き 入れて頂けましたが まず入ることが出来ない部屋です

温度、湿度ともに管理されており、ここだけは二重扉でした




夢へのとびら



夢へのとびら



夢へのとびら


下から泡が ポツポツと湧き、発酵している様子がうかがえます

この状態でも試飲させていただきました






夢へのとびら

今回はものすごくラッキーなことに 濾過後に出てくるお酒も見ることが出来ました

これからまだ 何度か濾過されていきます


昔ながらの伝統ある手造りラインと、コンピュータ制御による最新設備を備えた自動ラインがひとつの蔵の中にあり、酒造りの歴史を感じることができました。


何より、ガラス張りから望むような蔵ではなく、万全の衛生管理のもと、

間近に見せていただける 他にはない蔵です


通常2時間弱の見学だと思うのですが、今回は4時間近く、見せていただきました^^;


ますますお酒が好きになりました


そして、当店で扱っていないお酒をいろいろ試飲させていただいたところ

新たな発見もありました


味はしっかりしているので量は飲めないかもしれませんが

熟成古酒。あまりにも 美味しすぎて買って帰りました


これは、〆などに、ぜひ飲んでいただきたいので、数は取れませんが、お店でもお出しさせていただこうと思います。



夢へのとびら



熟成古酒についてはこちら

http://www.choryo.jp/blog/diary/2009/05/post-97.html#more








スポンサーサイト
日記 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
1. 無題
次行くまで取っといてね~。
3年以内には行くから!www
2. Re:無題
>totaさん
必然的に18年物になりますね(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。